2018年11月16日

リフォームエ事と土壌汚染

【住宅リフォームエ事とクーリングオフ】 最近、認知症の高齢姉妹(80歳と78歳)が3年にわたり5000万円以上のリフォームエ事を繰り返し、代金が支払えず自宅が競売にかけられたことが報じられました(2005年〔平成17年〕5月初旬)が、近年、住宅リフォームをめぐるトラブルが増加しています。その主たるものは、一つは、業者が注文者の住宅を訪問して請負契約を締結する場合に関するもの(無駄な工事を行うこと等)であり、もう一つは、適切な工事を行わない場合(欠陥工事)に関するものです。前者に関しては、後者の問題とも関連しますが、居住用建物に関し訪問によって契約を締結したことで、「特定商取引に関する法律」のクーリングオフの適用があります。https://johnsearlesbooks.com/renovation-et-events/
  


Posted by 松井ゆみ at 16:33Comments(0)

2018年11月16日

◆広さと高さでぜいたくな空間を作る

◆広さと高さでぜいたくな空間を作る 空間のぜいたくさには2つあります。ひとつは、広さです。私は最低でも、「1室10坪(33平米)以上(ロフトを含む)は必要だと思います。バブルの頃のワンルームは20平米そこそこでしたが、最近は25平米になってきています。狭い部屋は入居者の確保に苦労しており、仕方なく賃料を下げると、今度は不良入居者が増えて滞納や汚損などのリスクが増えます。 現在の賃貸市場で10坪の広さがあれば、独身だけでなく、カップルでも住めるため、夕ーゲットが広がり、募集が楽になります。ただ、メインフロアの床面積が50平米くらいになると、今度は建築コストがかなりアップして、家賃に跳ね返ってしまいます。https://rayonstudio.com/comfortable-space
  


Posted by 松井ゆみ at 14:10Comments(0)

2018年11月15日

日本で、大都市の代表としての東京。そ

日本で、大都市の代表としての東京。その東京が支配する関東圏の居住人口は実に3000万を数える。日本人の3割近くがこの東京に集まっているのだ。この東京という生活圏は大きすぎる。東京の西の端から東の端まで移動するのに、乗り物によるけれど電車 ...https://xn--z9j613g3jyqez.site
  


Posted by 松井ゆみ at 15:37Comments(0)

2018年11月14日

2018年11月14日

■契約関係書類に事前に目を通すこと■

■契約関係書類に事前に目を通すこと■ 売買契約を締結する前には、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けることになります。 本来であれば契約の数日前に重要事項の説明を受け、そのうえで契約をするかどうかの最終判断をするべきものですが、現実には売買契約締結の当日、契約に先立って重要事項説明が行われることも多いのです。https://barterlines.net/important-matter/
  


Posted by 松井ゆみ at 13:50Comments(0)

2018年11月13日

現在、ブログで見れる新築物件の内覧会

現在、ブログで見れる新築物件の内覧会というものが注目を集めています。そこで、ブログの新築物件内覧会において、キッチンの収納を見極めていく上での大切なポイントを項目ごとにご紹介していきます。https://new-construction.site/point/kitchen-storage/
  


Posted by 松井ゆみ at 18:06Comments(0)

2018年11月13日

ミヤコンチュは不屈の精神

ここ宮古では島民のことを「ウチナーンチュ(沖縄の人)」とは言わない。沖縄本島にも八重山にも属さないという、確固たる信念の表れなのか。島民独自の呼称として、自分たちのことを「ミヤコンチュ(宮古の人)」と呼んでいる。一ミヤコンチュの気質を表す言葉としてよく使われるのが、不屈の精神を意味する「アララガマ魂」だ。その昔、宮古と八重山には、長きに渡り島民を貧苦に陥れた不条理な税制「人頭税」というのがあった。

ミヤコンチュは不屈の精神
  


Posted by 松井ゆみ at 09:23Comments(0)

2018年11月12日

エンドレスバトル

さて、「他人の土地」に「自分たちのマンション」を建てるのが「定期借地権付き」ですが、これは当然少数派です。なんといっても「自分たちの土地」に「自分たちのマンション」を建てる「所有権」型の方が普通であります。 しかしこれとて、いろいろなことが「定期借地権付き」とたいして変わらないから情けない。

エンドレスバトル
  


Posted by 松井ゆみ at 13:08Comments(0)

2018年11月10日

不動産財テク実践

『「神人合一」を目指して、金運、強運をつかむ。』産拡大形成のための着眼大局・着手小局の極意をスタートしました。多少眉唾と感じつつも、触発されて、少しばかりの勇気をもって投資実践の実体験をした。そして常に陽気で明るく楽しい、アカ実践に徹してきた結果、一波が万波を呼び、資産は自己増己自己増殖を始め、を始めを始め、みるみる膨らみ続けて、やっと安心立命の境地にまで辿り着いたのである。投資実践を行った一つ、一つに多重的、複合的な投資効果をマルチに絡ませてきた。この道程で読者諸氏はどの程度真剣に不動産財テク実践を行ってきたかを自己評定をして貰いたい。

不動産財テク実践
  


Posted by 松井ゆみ at 15:05Comments(0)

2018年11月09日

部屋を借りたことのある人ならわ

部屋を借りたことのある人ならわかると思うが、不動産屋の良し悪しは、その後の生活に少なからず影響を与える。幸い私は「当たり」の不動産屋にめぐり合えたようで、トラブルも不満もなく現在に至っている。前項でも触れたが、私はマンスリーマンションを拠点に部屋探しをした。https://mtlsf.net/area-you-want-to-live-in/immovable-store/
  


Posted by 松井ゆみ at 18:04Comments(0)